2017年05月02日

新生活・旧生活(犬帰国手続2)

近所の公園にて、暖かい日。3月末に帰国して、しばらく寒く、ようやく暖かくなった日。4年間ですっかりヒューストンに体が慣れてしまった私には、日本の春がとても寒く感じました。ジャスミン&ファラオにとっては、日本が寒くて快適かな?!
2017-4-14.jpg
[上記1枚のみ 2017-4-14]



・・・家。B1の部屋に住んでいます。天気が良い分には、暗くなく、風通しも良いです。ウッドデッキの上、このモノクロ感が好き。
DSC_0716.jpg
[上記1枚のみ 2017-4-18]



多摩川べり。決して近くはないのですが、、、涼しい日だったため、何とか歩いて往復できました。
IMG_0281.jpg



こちらは、二子玉川ライズ(ショッピングモール)。
IMG_0290.jpg
[上記2枚のみ 2017-4-21]



学校が決まる前、砧公園にて。ドイツ人グループと仲良くなったマッちゃん。一緒にPokémon Goしました。
kinuta 2017-3-31.jpg
[上記1枚のみ 2017-3-31]



・・・ここから、旧生活。前回続き。
裏書後、エルパソ方面からテキサス州を抜け、ニュー・メキシコ州入りし、宿泊。
翌日、快晴な中、ニュー・メキシコ州にてドッグパーク立寄。Las Cruces Dog Park。
ファラちゃん。
DSC_0639.jpg



撫でてくれる方、遭遇。
DSC_0641.jpg



ジャスミンは、面白い形のおもちゃ発見(いろいろ落ちているドッグパークでした)。
DSC_0648.jpg



だいぶ走った後のジャスミン。15度。
CSC_0666.jpg



ドッグパークでは他の犬を見学し、撫でてもらう人を探すファラオ。
CSC_0665.jpg



どっちが格好良いかな(笑)?
CSC_0664.jpg



マッちゃんは、相当犬慣れしています。0歳から、連れて行ってもらえるのは、ドッグラン、ドッグパーク、公園ばかりでした。文句もなく、偉い子です。
DSC_0658.jpg



CSC_0663.jpg
[上記8枚のみ 2017-3-21]
・・・この後は、ひたすら運転で、ニュー・メキシコ州を抜け、昼前にアリゾナ州、夜前にカリフォルニア州サン・ディエゴ入り。



・・・ここから、テキサス州から日本へ帰国する後人のため、手続編2を記載します。
●犬と帰国(手続編2)
テキサス州から日本帰国に必要な書類
◎日本検疫
@Foam A。C1/3、C2/3、C3/3(入国見込40日より前に届出書提出→各白地Formを送付してくれます。HPからダウンロード可。)
A狂犬病抗体検査証明書原本(2年間の有効期間内のもの。狂犬病ワクチンを切らさないよう接種し続けている限り、米国入国時の抗体検査証明期間が切れても、帰国日に有効な抗体検査証明書を用意すれば可。)
B届出受理署(プリントアウト)
[C輸出検疫証明書(米国入国時に作成したもの。日本検疫への提出は必須でないが、あれば提出。裏書の際、USDAに提出すると、米国入国前の狂犬病ワクチン証明書となり、簡便。)]


◎航空会社
@〜Cに加え、DAPHIS Form 7001(動物病院にて作成)
裏書した@、A〜Dをチェックイン時に見せる。


◎オースティンUSDA
@〜Dに加え、ERABIES VACCINATION CERTIFICATE(米国入国前と滞在中のもの全て)
裏書は、@のみ。Dは航空会社用のため、現在は裏書していない(裏書欄がまだ残っている)。Eには、DOB記載必要。記載されていなかったため、動物病院に米国滞在中に接種した全ての狂犬病ワクチン証明書を再作成してもらいました。因みに、裏書代金は、1頭当たり121ドル。

留意点として、
書類自体は種類が多いわけでなく簡潔ですが、動物病院による作成時のミスが非常に多く、訂正のために、何度も通うことになり、随分時間を費やしました。予定通り進めるためには、後手後手にならないよう、そして、辛抱強く対処することの2点。



ニックネーム kivijp at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 2017〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする